【求人数激減!?】コロナウイルスがもたらした転職への影響とは?

コロナウイルスの影響化でも転職活動をしている方は大勢います。
転職というのは人生の転機でもありますので、今後のキャリアプランや現状の仕事への不満を考えた時に、コロナウイルス関係なく転職を考えて当たり前です。

しかし、求人数の現象などコロナウイルスが転職活動に多大なる影響を与えているのは事実です。
転職失敗などの悪影響を恐れて、不安が募り転職活動に踏み切れない人もいるでしょう。

今回はコロナウイルスが転職活動にどのような影響を与えているのかをまとめました。
マイナス面ばかりに目を向けがちですが、職種によっては今がチャンスのところもあります。

ぜひ転職を考えている方は、自分が置かれている状況を考慮して、今転職するべきかどうかを判断していただければと思います。

スポンサーリンク




転職で求められる人材とは?

面接

日本全体で見るとコロナウイルスの影響で、求人数が現象をしているのは事実です。
しかし、依然として企業からの求人があるのも事実なので、どんな人が求められているのかを知ることが、転職を成功させる秘訣となります。

現在の求人情報の傾向として次の2つが挙げられます。

  • 未経験者の採用は減っている
  • 即戦力の人材が求められている

コロナウイルス化では企業は未経験者よりも即戦力となる人材を欲しています。
理由としては、企業に一から人材を育てるような体力や余裕がない事と、コロナウイルスをチャンスと捉えて事業拡大を狙っていることが挙げられます。

未経験者が求められるのは、景気が良く業界が人手不足の時なので、コロナウイルスの不景気の中で採用されるのは中々難しいです。
反対に、コロナウイルスがビジネスチャンスとなっている企業は、即戦力となるような優秀な人材を採用することで、事業の拡大を目指しています。

コロナウイルスの影響下での転職活動は、スキルがあって優秀な人ほど好条件での転職ができるチャンスとも言えます。

人材採用が増えた企業

全体的に見れば求人数は減っていますが、求人数が増加傾向にある業界もあります。
コロナウイルスで求人情報が増えた企業は次の通りです。

  • Web系企業
  • IT企業
  • EC企業
  • 食品メーカー

求人数が増えた企業に共通しているのは、リモートワークや巣篭もり需要が追い風となっている事です。
テレワークとの相性が良い、Web系やIT、EC関連の企業は事業を拡大させている傾向があります。
また、巣篭もり需要で食品メーカーなども需要が増えて、人材を募集しています。

反対に、人材採用が減った企業は外食や店舗型ビジネスを提供している企業です。
コロナウイルスの影響で、人が街に出る機会が減ったので、人材採用をしている場合ではない企業がほとんどです。

外食や店舗型ビジネスへの転職を考えているのであれば、当面の間は諦めた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク




オンライン面接が増えている

カメラ

現在の転職活動の主流となっているのが、オンラインでの面接です。
コロナウイルスでソーシャルディスタンスが求められる時代なので、面接をするたびに企業に出向くことは少なくなっています。

そのため、企業側も日程の調整がやりやすくスムーズに選考が進んで、結果が早く出ています。
ベンチャー企業の場合では早くて1〜2週間で内定を出す企業もあるようです。

求人数の全体としては減少してはいますが、転職活動としてはやり易い環境が整っているので、転職を考えている方で、希望の企業が人材採用をしているのであれば、チャレンジする良い機会かもしれません。

今すべきではない転職活動

転職活動をする時に全く違う業界に飛び込む場合には、ビジネススクールなどに通ってスキルを身につけるか違いますが、現状あまりすべきではないでしょう。
先ほども申しましたが、未経験者の人材採用は明らかに減っています。

ビジネススクールでスキルを身に付けたとしても、卒業後に就職できる保証はありません。
スクールに行くにしても費用がかかるので、収入もなく転職の見通しも立たない現状では、仕事を辞めてスキルを身に付けるために学校に通うのは辞めるべきです。

スキルを身に付けたい場合には仕事をしながら勉強をするなどしながら、コロナウイルスが少し終息するまで待つべきでしょう。
自分の気持ちを先行させて、仕事をすぐに辞めるというのは、今は避けるべき行動です。

キャリアエージェントに相談する

コロナウイルスの影響で転職を取り巻く環境が変化した事で、同じような不安を持っている方が大勢います。
キャリアエージェントではコロナの影響を受けて、サポートを強化しているサービスも多くあるので、まずは相談してみるのが良いでしょう。

転職するために、「とりあえずビジネススクールに通おう!」というような短絡的な考えになる前に、とりあえず相談してみるのがおすすめです。
無料で相談を受け付けているサービスが多いので、ぜひ利用してみて下さい。

スポンサーリンク




まとめ

やはりコロナウイルスの不景気の中では、以前と比べると転職活動は厳しい状況に置かれています。
転職をするのであれば、一部のコロナウイルスが追い風となって成長している企業を選ぶのが良さそうです。

経済的に厳しい企業や業界に転職を考えているのであれば、しばらくは様子見を続けるべきでしょう。
それか、自分の現職生かした形で、希望業界への貢献を考えてみるのも一つの手です。

ライター:タケシ!(運営サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする